beat英会話教室のサイトへようこそ!

海外との交流がごく当たり前となった現代、日常生活をはじめ、旅行、ビジネスにおいても国際語である英語に触れる機会は確実に年々増えてきています。多くの日本人は中・高の6年間、さらに1~4年間を大学にて学習していますが、『英語は苦手』と思う人が少なくないのはなぜなのでしょうか?

ヨーロッパの英語圏でない国に住んでいる人は、母国語はもちろん、きれいな英語を話す人が多いのをご存知でしょうか?ヨーロッパで話されている言語が英語に近いと言う事実もありますが、各国の英語の教育法が大いに関係していると言われています。

英語圏でない国の中で、オランダの英語力が一番高い国なのだそうです。オランダでは1985年より小学校5、6年生の英語を必修としました。日本よりも25年も前に必修としたのです。

また、テレビ放送で英語番組が普通に流れていて、子どもたちは小さいころからイギリスのBBC放送、アメリカのCNNなどの英語放送を自然に見て英語を習得していきます。ちなみに英語のテレビ放送は吹き替えではなく、皆字幕なのだそうです。

いろいろな英語教育法がありますが、一番大切なのは自分にあった英語法で学ぶ=英語力の向上です。でも勉強・勉強と考えると息が詰まってしまうので、楽しむ事を忘れないように!!

この国際化の進む世界でコミュニケーションを有効に図る(意思の疎通)ことのできる人材を育てる事がBEAT英会話教室の”Motto”(モットー)です。